最安テレビコマーシャル君 > 

当サイト相談スタッフから > 

cmの放送時間によって成果が変わる?客層にあった放送枠を取ろう!

当サイト相談スタッフから

cmの放送時間によって成果が変わる?客層にあった放送枠を取ろう!

cmの放送時間によって成果が変わる?客層にあった放送枠を取ろう!

cmを放送する際には、プロの意見を聞いておくことをおすすめします。cmの放送には細かいルールが存在するため、時間帯によってcmとして流す商品は変動します。また宣伝する商品のターゲットの客層によって放送すべき時間帯は異なります。しっかり把握しておくことで、効果的なcm放送をおこなうことが可能です。

このコラムでは、テレビにcmを流したいという方に向けてcmの時間帯による違いや、放送時間の枠に設けられているルールなど、cmを出すために必要となる知識をまとめました。適切な時間にcmを流し、ターゲットの客層にしっかり宣伝しましょう。

cmの種類によって放送すべき時間帯は異なる

cmで扱う商品によってターゲットとする客層は変わります。その客層に効率的に訴えるのに大切なことは、ターゲット層がテレビを見る時間帯をねらって放送することです。会社員や学生に向けたcmを平日の昼間に流しても、テレビを見ることが困難であることから効果は見込めません。cmは適切な時間に放送することが大切です。

月曜日~日曜日の朝から夜まで

この時間帯は、在宅の主婦や高齢者そのほかのテレビを見ている人全般に向けたcm流すことが多いです。食品や薬品、トイレタリー(洗剤や石けん、歯磨き粉など身だしなみを整える日常品)など、生活するのに必要な商品を放送することが効果的です。

平日の夜と土日

この時間帯を「逆L型」とよびます。成人した男女全般や若者がターゲットとなります。会社員や学生などが帰宅して家にいる確率が高い時間帯です。そのため、自動車やアルコール飲料、家電、映画など全般の人たちに必要な商品プラス若者向けであるものが多く放送されます。

平日の朝・夜と土日

この時間帯を「コの字型」とよびます。成人した男女全般や若者をターゲットとしています。通勤や通学前、それから帰宅後である夜にはターゲット層が家にいる確率が高いです。逆L型とターゲット層は変わりませんが、忙しい朝は録画などを見ることは少なく、cmを飛ばすことなく情報番組を流す人が多いことから効果の見込みがあります。

この時間帯には、飲料や自動車、機密機械(カメラ・パソコン・携帯電話など)、化粧品、映画などを流すとよいでしょう。

平日の朝・昼・夜と土日

この時間帯を「ヨの字型」といいます。コの字型に昼が加わった状態であるため、ターゲット層は在宅の主婦や高齢者、成人した男女全般です。お昼時はご飯を食べながらテレビを見る方も少なくありません。食品や家電、化粧品やトイレタリーなどの商品のcmを流すことが多いです。

テレビcmは、取り扱う商品のターゲットの客層の在宅率が高い時間に放送することで、効果を期待することができます。また、テレビ番組の内容によっても、ターゲットとなる客層は異なります。バラエティ番組は老若男女問わず視聴を期待できますが、同じ時間帯であっても幼児向けアニメや時代劇では、視聴する層が変動します。

商品のターゲットとなる客層と近い層がテレビを見る時間帯にcmを入れることが大切です。弊社では、cmを放送する時間帯をリクエストすることが可能です。cmを流したいという時には、ご相談ください。

cmの放送時間枠に設けられたルール

cmの放送時間によって成果が変わる?客層にあった放送枠を取ろう!

弊社では、cmを放送する時間帯のリクエストを受けることが可能です。ターゲットとなる客層の視聴が期待できる時間帯に放送することは、より効果を出すことができるからです。しかし、放送時間によって放送できないcmもあるため注意が必要です。

テレビcmに限らず、テレビ放送のルールは日本民間放送連盟放送基準が定められています。この放送基準には、人権などの権利を守り、テレビの社会的な影響力を考慮して国民生活を豊かにすることが定められています。

これによると「児童や青少年への配慮」や「放送時間に考慮して不快感を与えないようにする」「家庭内の話題として不適切なものは取り扱いに注意する」などの項目があります。

cmの取り扱う商品によっては、希望の時間枠の放送がかなわない場合もあります。例えば、年齢制限のある成人向けのゲームや映画などは児童や青少年への配慮により、日中の放送が難しい場合です。

人格形成が未熟な児童に対しては、模倣のおそれや認知のゆがみが起きることがないように、児童の品性を損なうようなものは取り扱わないようになっています。このようなときには、ほかの時間帯をご案内いたします。どの時間に放送すればいいのかわからないというときには、お気軽にご相談ください。

長いcmと短いcmが狙う客層の違い

テレビ番組の間に流れるcmの基本は、15秒と30秒です。これより長く、60秒以上のcmのことをインフォマーシャルといいます。

短いcmの特徴

テレビ番組の間に流れる15秒や30秒のテレビcmの場合は、商品の売り出したいことやイメージを大きく打ち出し、「この商品気になるな」「今度買ってみようかな」という流れをつくります。認知度を上げたい場合には、15秒や30秒のテレビCMを流した方が多くの人の目に留まるため、効果的です。

ただし、キャッチーな心をつかむcmでなければ、多くのcmが流れるなかで人の心に残ることは難しいです。短い時間にどれだけインパクトを与えるかということが大切になってきます。その商品のターゲットの客層や、商品を求めている人などは商品に興味をもってもらいやすいため、その人たちに見てもらうには、放送時間がカギとなるのです。

長いcmの特徴

インフォマーシャルの場合には、時間をかけてどれだけ情報量が盛り込めるかというのがカギとなります。60秒・90秒・120秒というものから、29分・55分といった長さのものまであります。

この長さの間に商品の良さをアピールし、どのような効果があるのか、返品対応はあるのかなど細かい商品情報を紹介する方法は、通販番組でよく使われています。通販番組では「今だけオマケ付き」「30分限定でこの価格」という方法で、その場で購入することをすすめてきます。

確実に購買につなげたいという場合であれば、通販番組のようにインフォマーシャルのcmにすると効果が期待できます。

商品の売り出し方の方向性を定めると長いcmか短いcmか、時間帯はいつがいいのか決めやすいです。より効果の出る方法でcmを放送したいですね。

まとめ

cmは、時間帯だけでなくcm自体の長さによって視聴者に対するアプローチが違います。cmとして取り上げる商品のターゲットの客層が視聴している確率の高い時間にCMを放送するのが効果的です。そのためには、商品のターゲット層の設定と、放送時間帯を照らし合わすことが大切となってきます。

また、長いcmと短いcmによって視聴者に訴える内容が異なります。長いcmであるインフォマーシャルは、すぐ購買につなげられるようなアプローチをおこないます。それに対し、短いcmは繰り返し放送することにより、多くの人に見てもらうことで認知度を上げる効果が期待できます。

テレビcmを流したいとお考えでしたら、最安テレビコマーシャル君にお任せください。ご希望の時間帯をリクエストいただくことも可能です。予約依頼をしていただければ、cm枠ができたときにご連絡さしあげます。お電話でお問い合わせいただけますので、お気軽にご連絡ください。

TOPへ戻る

最短60秒で入力完了 予約依頼はこちら

通話料無料 お電話でもお気軽にお問い合わせください 0800-805-7695 営業時間10:00~20:00

お問い合わせ

最安テレビコマーシャル君はCM枠を格安でご紹介するサービスです。最安テレビコマーシャル君に予約依頼をしていただくと、テレビコマーシャルを破格の価格で放送していただくことが可能になります。また、時間帯、放送エリアなどお客様がご希望される条件のリクエストにも対応しておりますので、効果的にテレビでPRすることが可能です。テレビコマーシャル料金はその広告効果が高いこともあり、一般的に他の広告よりも価格は比較的高く設定されていますが、CM枠が埋まらなかった場合や急に空きができてしまった場合などには、そのコマーシャル放送枠は通常の料金よりも安く提供されます。そのようなCM枠を活用することで、広告料金を抑えて効率的に宣伝活動をされたい企業様も、リーズナブルな料金でテレビコマーシャルを打つことが出来ます。ですので、「テレビコマーシャルは敷居が高いから」と検討されておられなかった方も、他の広告よりも高い効果が見込めるので是非一度、最安テレビコマーシャル君をお試しください。ご利用方法は、予約依頼フォームにてお客様の情報を入力していただくだけで簡単にご利用していただけます。また、予約依頼いただいた条件に合ったCM枠が出次第、その情報を随時お届けいたします。もちろん個人情報につきましても、当サイトは万全の体制で厳重に管理いたしておりますので、安心してご利用いただけます。